2010年08月11日

再開



最近になって、こちらでブログ復活しました。




http://ameblo.jp/khirai-hri/






お時間ある方、ぜひいらしてください!!




posted by けんけん at 16:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月25日

テレビ進化論

いきなりですが、
とてもわかりやすく、
面白い本です。

まず購入してください(笑)



という感じです。

内容としては
テレビを軸にしながらも
コンテンツビジネスの展開や
ギョーカイ(業界)状況を
書かれています。

コンパクトな本なのに、
非常に凝縮されてます。

そして、
今後の方向性や可能性も
示唆されているので、
少しでもコンテンツビジネスに
興味のある方はお勧めです!

しかし、
このような状況になるとは、
10年前には全く想像できなかったですね。


【コンテンツ】
第1章 ギョーカイの解体新書
第2章 「流通力の覇権」と「創造力の覇権」
第3章 デジタル二重革命
第4章 「次のテレビ」の誕生
第5章 映像コンテンツの未来― 「テレビの次」へ

posted by けんけん at 21:30| Comment(4) | TrackBack(0) | 教養・その他書籍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月21日

第5回D1カップ

早くも、
第5回D1カップを迎えることができました。
(パチパチ)

今回は、
大会史上最大となる、12名の参加。
しかも、
今回デビューとなるのは
合計6名(って半数じゃん)。

こんな会にも
気前よくコンペを認めていただいた
ラ・ヴィスタ・ゴルフリゾート様
ありがとうございますわーい(嬉しい顔)

不安な気持ちのままコースへ。
なんだか白ティーが前過ぎる気が・・・

そして次のホール。

レディースティの直後に
白ティーが・・・
400ヤードそこそこのロングホール。

なるほど、
デビューが多いから
かなり白ティーを前にしたな。

それは素晴らしい(笑)

そして、
パー×3倍のストロークで、
「強制ギブアップ」というルールも導入。

なんとか終了できました。

そして、
なんと優勝者は、
今回デビューのK山君。
仕事もそのストイックさからエースの座を射止めたばかりでなく、
ゴルフもデビュー早々、エースの座を。

やるな(笑)

ということで、
終わってみると結構楽しいコンペ。

次回は20名目指して
がんばろう!











posted by けんけん at 21:21| Comment(0) | TrackBack(0) | ゴルフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月17日

楊令伝

こちらは、
水滸伝の続編です。

三国志と同時に読み始めてます(笑)

結構、
ある意味にているので、
切り替えに四苦八苦しています。



が、
両方気になるので、
読み続けます。

posted by けんけん at 23:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 教養・その他書籍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月16日

三国志

水滸伝に続いて
こちらも読み始めてしまいました・・・

13巻まであります。



経営指南書として
読ませていただいております(笑)。



ラベル:三国志 北方謙三
posted by けんけん at 22:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 教養・その他書籍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月14日

太平洋クラブ成田コース

今回は、
太平洋クラブ成田コースです。

初めてコースですが、
太平洋といえばコンディションがいつもよいので、
わくわくです。

ご一緒したのは、
来月より弊社の事業の「将軍」としてお迎えする(笑)、
Uさん、と弊社の「軍師」Nさんです。

実は、
朝寝坊のため、スタートをずらしていただく。
最初から緊張感高くスタート。

と思いきや、
和気あいあいとした楽しい会でした。

やはり、
ゴルフは性格が出ます。

なぜか負けたくないので、
力が入ります。
それが失敗のもと。

それがまた面白い。

posted by けんけん at 20:12| Comment(14) | TrackBack(0) | ゴルフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月11日

しらみつぶしの時計

法月綸太郎氏の短編集です。

タイトルに惹かれて即購入。
なぜか「時計」というテーマには
興味がわいてしまう。

しかも、
短編集だということも知らずに・・・(笑)



作品は、
単純にミステリーに限らず、
結構幅広く書かれていて、
おもしろかったです。

1日1作品で楽しめる感じです。

【収録作品名】
  使用中
  ダブル・プレイ
  素人芸
  盗まれた手紙
  イン・メモリアム
  猫の巡礼
  四色問題
  幽霊をやとった女
  しらみつぶしの時計
  トゥ・オブ・アス

posted by けんけん at 11:46| Comment(0) | TrackBack(1) | それ以外のミステリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月08日

2日で人生が変わる「箱」の法則

自分の小さな「箱」から脱出する方法の2作目。

前作は、職場での自己欺瞞を描いていたが、
今回は、仕事に限らず、家庭や家族、友人との関係にまで及んで、
考えられている。

物語として書かれているので、
すぐに読めそうなのだが、

シーンシーンで
考えさせられることが多く、
結構読み応えのある話になります。



性善説といえばそうかもしれないが、
実感値とも一致していることが多く、
(それを認めたいかは別にして)
お勧めの1冊です。

アービンジャー・インスティチュートという会社が
日本でもセミナーを開催したり、
研修を実施されているようです。


【コンテンツ】
第1部 心の平和
第2部 平和から闘争へ
第3部 闘争から平和へ
第4部 平和の波及


posted by けんけん at 22:11| Comment(0) | TrackBack(1) | ビジネス書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月15日

<実践>自分の小さな「箱」から脱出する方法

こちらは、
「自分の小さな「箱」から脱出する方法」
の実践編です。

といっても、
ポイントをダイジェストとして書かれているのと、
少しチェックシートがあったり、
イメージグの手助けとなる
問いかけがあったり。



いきなりこの本では伝わりにくいかもしれないので、
先の2冊の読後にお勧めします。

この内容。
理解よりも「腹に落ちる」ことが難しく、
それだけに、
重要な内容だと思う。


【コンテンツ】
第1部 「箱」という名の自己欺瞞の世界
第2部 人はどのようにして「箱」に入るか
第3部 「箱」からどのようにして出るか

ラベル:自分 啓発
posted by けんけん at 17:11| Comment(0) | TrackBack(0) | ビジネス書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月30日

ようやくお手入れ

ここんとこ忙しく、
かなり放置してました。

はっきり言って、
雑草天国。

2008083016250000.jpg

こんな感じです。

いつもなら、

春 チューリップ
夏 ヒマワリ
秋 いろいろ
冬 ビオラ

とほぼサイクルしているのに、
昨年のビオラでストップでした。

ということで、
コスモス、日々草中心に
きれいにしました。

2008083114300000.jpg

ひと安心。
posted by けんけん at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | ガーデニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月28日

日本警察裏のウラと深い闇

読みました。

勝手に、政治とかも含めた
権力闘争ものかと思い・・・

まったく違いました(笑)



中身は下記のコンテンツを見てもらえばよいのですが、
取り調べや逮捕の話など
「おいおい、ここは法治国家ですけど」と
突っ込みたくなることも多いです。

ただ、そんなことよりは、
取り調べで感じたこと。

「落とし」のプロは
営業マンとしてのレベルも高い(笑)

確かに、
「絶対自白するものか、
なに聞かれても話しません」
という人から
話しをさせるところまで持っていくくらいだから
結構、ハードなやりとり。

書かれている
「あの手、この手」を聞くと、
まさしく、営業研修で出てきそうな
内容がいっぱい。

笑えます。


【コンテンツ】

第1章 死闘!警察vs.ヤクザ
第2章 戦慄!闇の事件簿
第3章 仰天!刑事の仕事の裏のウラ
第4章 衝撃!日本警察の舞台裏
第5章 驚愕!不思議な不思議な警察組織
posted by けんけん at 22:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 教養・その他書籍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月26日

70円で飛行機に乗る方法

マイルを使わずとも超格安で旅行はできる

という副題がついていいる以上、
陸マイラーとしては読まずにいられません(笑)



ということで、
一気に読破。

内容としては
現在の航空会社の流れや
LCCのトレンド。
あるいは、
日本の空港事情の課題など、

最近話題のテーマが
ひととおり書かれています。

日本でも
もっと規制が撤廃され、
空港やLCCが発達し、
「ちょっと上海にでも蟹食いに行くか」
と気軽に行ける社会が来ればいいなと、
つくづく思いましたレストラン


【コンテンツ】

第1章 いま、空の旅はここまで安くなった!
第2章 航空業界が取り組むエコと最先端技術
第3章 問題だらけ!?日本の航空事情
第4章 空を知れば世界がもっと近くなる!



posted by けんけん at 21:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 教養・その他書籍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月25日

「普通の人」が上場企業をつくる40のヒント

ネクストの社長、井上高志さんの本です。

というよりは、
「もとリク」の方の本です、といった方がいいかもしれません。



読んでいると、
人生のスイッチをonにしようというだけあって、
非常にポジティブな内容です。

話しもわかりやすいでの
一気に読めます。

共感できる話も多く・・・
と感じながら気づいたこと。

多くのもとリクの方の書籍も、
なんだか似たようなことが書いていると
いつも感じます。

そしてそれは特別なことじゃなくて
「普通のことじゃん」
と思うことばかりです。

そして、
実はこれが社風なのかと。

つまり、
普通に感じるということは、
価値基準や大事なことが
ちゃんと共有され、
実践されている


こういう根底の部分が
強みを生み出して来たんだろうな。









posted by けんけん at 23:38| Comment(0) | TrackBack(0) | ビジネス書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月24日

魔神の遊戯

久しぶりにミステリー読みました。



そして、島田荘司氏は、
いつもバラバラ殺人(笑)

良くできています。

本格系のミステリーは
導入段階から少しずつ情報が広がり拡散し、
解決に向かって収斂していく流れが
なんともいえず気持ちいい。

となると、
ストーリー展開だけでなく、
知識レベルや、
心理状況も広がりがないと、
楽しみも半減。

結構ミステリー書くのは
難しい。

ちなみに、この作品は
「本格ミステリ・マスターズ」

読むのは3作目ですが、
結構粒ぞろいなので、
お勧めです。





posted by けんけん at 07:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 島田荘司 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月20日

合併人事

江上剛氏の新作?です。

あまりに幻冬舎の宣伝が上手なのではまりました(笑)
(ちなみに、幻冬舎さんは弊社から1分のご近所さんです)



話しは結構単純で、
一気に読める話です。

期待値が大きかったために、
(それは自己責任・・・)
少し期待外れでしたが、

組織での出世欲とか
権力闘争のようなものを読んで、
やはり、
有らぬことにパワーを割くんだと実感。

違う世界に生きることを選んで、
本当によかった(笑)



posted by けんけん at 22:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 教養・その他書籍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月18日

Chateau de la Croix 2000

本日のワインはこちら。

2000年ものボルドーです。

2008081805190001.jpg

なかなか安定していてうまい。

ちなみに、
最近、暑さも加わり、
ビール派閥でしたが(笑)

健康診断でコレステロールが
やや高い!

とのことなので、
またワイン派閥に戻ろうかと思います。

ポリフェノールの力(笑)

☆☆☆☆


posted by けんけん at 05:28| Comment(0) | TrackBack(0) | ボルドーワイン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月11日

Ford EXPEDITION

今回は、

フォード車の
EXPEDITIONをレンタルしました。

デカイ車の体験ということで、
乗ってみましたが、


やはり、デカイ。
こりゃ日本じゃ無理だわ
って感じです。

2008081507510000.jpg

運転もやや大周り。
アメリカの大きさを実感(笑)

といいつつ、ご機嫌にドライブ。
きれな景色。


2008081507400000.jpg


2008081507420000.jpg


こんな感じ。


2008081507380000.jpg


関係ないけど、
フランダンス(笑)

2008081507360000.jpg



ラベル: フォード 旅行
posted by けんけん at 23:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月09日

グランド ハイアット カウアイ リゾート アンド スパ

今年の夏は、
カウアイ島でプールづくし。

泊まったのは、
グランドハイアットカウアイ リゾートアンドスパ


こんな入口です。


2008081303580000.jpg


そして、
プールがすごい!

こちらが、通常のプール。

2008081305260000.jpg

2008081305270001.jpg


こちらは、なんと人工のビーチプール。
体にまとわりつきにくい砂を使用だって!

2008081305270000.jpg


2008081305120000.jpg


2008081305090000.jpg


きれいな海!


2008081305100000.jpg


これは室内。

2008081507430000.jpg


レストラン。

2008081303560000.jpg



本当にゆっくりできる旅。

また、行きたい。

この「行きたい」という「欲」もそうだが、
その「欲」が仕事の原動力となる面もある。

どんな内容の「欲」であれ、
なけれは自分自身の向上が
無い気がする。

ふと、そんなことを考えた。

posted by けんけん at 22:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月06日

チンギスハーン

中国古代史ブーム(マイ)
ということで、

チンギスハーン読みました。



どうも、
中国では王や皇帝になると、
猜疑心が強くなるように描かれる。


そして、
気軽な同盟と裏切り。


結局、
「お互いに騙された方が悪い」
というスタンス。

恐るべし。


ラベル:三国志 横山光輝
posted by けんけん at 21:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 教養・その他書籍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月05日

現代の貧困

こちらも
ワーキングプア関連の本です。



一連の書籍を読むにつけ、
ほんの一部の人の問題だと思っていたのが、
どんどん広がっている気がする。

単純な「格差」ではなく、
「貧困」である、
という概念を実感してきた。


【コンテンツ】
1章 格差論から貧困論へ
2章 貧困の境界
3章 現代日本の「貧困の経験」
4章 ホームレスと社会的排除
5章 不利な人々
6章 貧困は貧困だけで終わらない
7章 どうしたらよいか

posted by けんけん at 21:19| Comment(0) | TrackBack(0) | ビジネス書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。