2007年04月30日

コナ・カントリークラブ

こちらは、
コナ・ゴルフカントリーです。

たまたま友人と
同時期にハワイ滞在が発覚し、
急遽合流し、
プレイ!

マウンテンコースを回りましたが、
ハワイなのに山岳コース!

しかもフェアウェイで
フラットなところなし。

結構、ハードでしたよ(笑)

でも、
楽しかったです!!

ラベル:ゴルフ ハワイ
posted by けんけん at 20:43| Comment(0) | TrackBack(0) | ゴルフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月29日

ワイコロア キングス コース

ワイコロアの中心にあるコース。

コロニーヴィラから徒歩でもいける。

リゾートの楽しいコースです。
ただし、溶岩には要注意です(笑)

posted by けんけん at 22:45| Comment(0) | TrackBack(0) | ゴルフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

リゾートクエスト ワイコロア コロニー ヴィラ

宿泊は、
リゾートクエスト
ワイコロア コロニー ヴィラ

かなり広いです。

P1000343.JPG

正面です。




P1000342.JPG

裏手から。



P1000341.JPG

隣がゴルフコース



P1000497.JPG

プールがあります。
※こどもの浅瀬もあり。



P1000492.JPG

サイドにBBQグリルが。
(いい肉焼けましたレストラン


P1000498.JPG

こんなんや

P1000495.JPG

こんなのも

P1000344.JPG

あります。



posted by けんけん at 18:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月28日

今日からハワイ島!!

きょうからちょっとモードチェンジでハワイ島へ。

しばらくは、
コメント少なく、フォトグラフ風で飛行機

ということで、成田出発!

P1000335.JPG

きれいになった第一ターミナル。



P1000336.JPG

悪天候でフライトキャンセル!?



P1000340.JPG


長蛇の列を抜け、
ラウンジでひと時のくつろぎ・・・

posted by けんけん at 20:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月26日

イヤなやつほど成功する! マキャヴェリに学ぶ出世術

気になるタイトルだったので、
読んでみましたが、
そのままでした(笑)



なんだか、
「イヤなやつほど成功する」より、
「成功したやつはイヤな奴だった」かも(笑)

結構、わがままだけど、
わがまま社長の考える思考パターンがみてとれるね。

真似しないように、
気をつけよう!わーい(嬉しい顔)


【目次】(「BOOK」データベースより)

眠らない。/極端な二面性で相手をビビらせる。/自分の運命を愛する。/つねに妄想症である。/つねに戦闘モードでいる。/愛すべき敵を育てる。/二人くらいはいい友だちをつくる。/隣人を取りこむ。/どでかいことを考える。/サメのように、食べながらでも前進しつづける。〔ほか〕

Amazon → イヤなやつほど成功する! -マキャヴェリに学ぶ出世術
posted by けんけん at 23:13| Comment(0) | TrackBack(0) | ビジネス書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月25日

CICADA

西麻布のお店。

先日のキャンティから100M程度と、
非常に近い。
麻布付近には洒落たお店が非常に多い。

店名は、
CICADA

思ったより、
(実は普通??)
外国人の方が多いです。
半分以上かな?

料理は結構な種類があったが、
食べたのは、
ハムとサラダと魚かな。

最近小食です(笑)

ワインは
アマローネ。
おいしいんだよね〜


ラベル:イタリアン
posted by けんけん at 23:22| Comment(0) | TrackBack(0) | お食事処 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月24日

ルチアーノ(RUCIANO)

ちょっと寄ってみました。

10人程度のこじんまりとしたお店です。
ルチアーノといって、
代々木にあります。

基本的には家庭風の
イタリアンです。

気軽に食べるところって感じですね。

ちなみに、
ご一緒したのは前職時の後任(同い年)。

なんと、奇遇なことに、
GWの行き先が同じことが発覚飛行機
現地でゴルフをすることに位置情報

次回は家族ぐるみだ(笑)



posted by けんけん at 23:11| Comment(0) | TrackBack(0) | お食事処 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月23日

シルクスクリーン

なんと、
お祝いにということで、
シルクスクリーン
いただきました。

あまり詳しくないのですが、
アンディ・ウォールール氏などが有名ですね。
 (アンディ・ウォーホール風の絵を描くソフトまである

今回は、
ねむの木学園
とみやましょうごさんです。
宮城まりこさんが設立されたんですね)

20070423170213.jpg

色使いが鮮やかで、
白壁にも非常に映えます。

こんな感じです。

20070423170236.jpg

プレゼントしていただいたのは、
先輩経営者(経営デザイナーと私は思ってる方です)。

いつも、仕事・政治・宗教・人間など
深く、深くいろいろ話してしまう方です。

周囲に刺激になる人や、
心から、応援してくれる方がいるのは、
本当にありがたいですね。

posted by けんけん at 18:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月22日

合同キャンプ

半期に一度の大キャンプ。

今回も開催です。
なぜか、幹事です(いつもどおりか)

1泊2日です。

今回も場所は
かずさオートキャンのプ場

こども含め、40人の参加。

今回は、
ステーキに、焼き肉、プルコギ、チキンも肉詰めなど
肉・肉・肉です。

 

ちょっと写真どうぞ。

20070421184958.jpg

プルコギは・・・

20070421185019.jpg

夜の雰囲気は・・・

20070421185044.jpg

ということで、
楽しい会でした。

次回は秋にまた集合です。

posted by けんけん at 22:10| Comment(0) | TrackBack(0) | アウトドア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月20日

セント・ニコラスの、ダイヤモンドの靴

島田荘司氏の短めの長編です。

今回はさくさく読み進みました。



感じとしては、
短編の延長なので、
トリックなどで考えいるよりは
状況に余韻が残る雰囲気です。

Amazon → セント・ニコラスの、ダイヤモンドの靴
posted by けんけん at 23:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 島田荘司 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人を見抜く力

読みました。

このシリーズ、
結構好きですわーい(嬉しい顔)



各界の著名人が、
「人」という観点で話しています。

決して、
面接本でもないです。

面白いので
前置きなく読んで欲しいのですが、
多くの人に話していることの、
共通点がありました。

まず、若い人に対して特に、
目の前のことから逃げず、
創意工夫をしてがんばった人
が伸びる。

まずは、
がんばれってことみたい。

一方で、
多くの経営者が
「働く人が全力になれるように、
要望をしっかりするとともに、
働きやすい環境作りに本気なこと」


本気のトップには、
本気の人材が集うのですね。

Amazon → 人を見抜く力〔セオリー〕vol.6
ラベル:ビジネス書 人材
posted by けんけん at 23:34| Comment(0) | TrackBack(0) | ビジネス書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

銀座 しも田

こちらに食べに行きました。

銀座しも田

久しぶりに行きましたが、
銀座の料理屋の匂いですね。

甘味と、ふるさといりまじった不思議な感じです。

お刺身に、
名物のエビ団子をいただきましたが、
非常においしかったです。

どうやら、
「板前修業」という親書も書かれているようなので、
今度、読んでみたいと思います。



Amazon → 板前修業
posted by けんけん at 23:19| Comment(0) | TrackBack(0) | お食事処 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月19日

現代の経営(上)

一気に読みました。
小説でもないのに。

面白い。

深い。



若い頃は全然面白くなかった
ドラッカー。
メモリアル版が出たのをきっかけにリトライ。

すばらしい。

ここ数年感じていたようなことが
そのまま書かれている。
(本当ははるかに深い洞察の上ですが・・・)

下巻まで終わったら、
まとめて報告します!!



【コンテンツ】
序論 マネジメントの本質
 マネジメントの役割
 マネジメントの仕事
 マネジメントの挑戦
第1部 事業のマネジメント
 シアーズ物語
 事業とは何か
 われわれの事業は何か
 事業の目標
 明日を予期するための手法
 生産の原理
第2部 経営管理者のマネジメント
 フォード物語
 自己管理による目標管理
 経営管理者は何をなすべきか
 組織の文化
 CEOと取締役会
 経営管理者の育成


Amazon → ドラッカー名著集2 現代の経営[上]
posted by けんけん at 22:53| Comment(0) | TrackBack(0) | ビジネス書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月18日

キャンティ

今日は、
こちら キャンティです。

西麻布店に行きましたが、
雰囲気がよく、
英語で会話したい感じでした(話せませんけど・・・)

最初に前菜が20種位ならび、
いくつか選ぶ。

あれもこれもで王様気分レストラン

結局、
サザエのバジル焼きや、
イカスミのイカメシのイカヅメ
(イメージ湧きます?)
など・・

しかも、
今日はまた、うにパスタ(冷)。

おいしいワインに、
いい料理。

よかったです。

余談ですが、
話題のメインは組織運営と人材ってテーマです。

そのことはまた後日。
posted by けんけん at 23:34| Comment(6) | TrackBack(0) | お食事処 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月17日

ルーチェ

今日の締めワインは?
はこちらだったらしいです。



スーパートスカーナだけあって、
非常にバランスの取れたワインです。

いつも、
ワインは美味しいので幸せですバー

でも、
ヴィンテージは何年だったんだろう(笑)


サンジョベーゼ
メルロー


☆☆☆

posted by けんけん at 23:50| Comment(0) | TrackBack(0) | イタリアワイン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

bernini

今日は、Berniniに行きました。

銀座で何度か行っている、
ビノテーカワゴンの姉妹店。

初めてだったのですが、
なかなか落ち着いた雰囲気で良かったです。

ワインも、
料理もイタリアン中心。

ホワイトアスパラは
お勧めだけあってGood。

パスタは
なんと、
うにパスタとワタリガニパスタ。
(特に好きなパスタベスト2です)

両方メニューにあったので、
頼んでしまいました・・・・


ちょっとおなかいっぱい気味です(笑)

お勧めの1店ですね。

ラベル:ワイン 麻布十番
posted by けんけん at 23:12| Comment(0) | TrackBack(0) | お食事処 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月16日

玄海

新宿高島屋にある「玄海」です。

高島屋自体がリニューアルのため、
閑散としてましたが、
なかなか良かったです。

鳥が中心なのですが、
鬼鍋?(ちょっと名前忘れました)
というものがあり、
からしみそのような鍋です。

甘味と辛みがからまって、
キムチ鍋やチゲ鍋とはまた違った味で、
最後の雑炊までGoodです。

とりと野菜中心なので、
ヘルシー加減も良く、
飲み会続きの方にはも、
お勧めです(笑)

ラベル:和食 とり
posted by けんけん at 23:09| Comment(0) | TrackBack(0) | お食事処 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月15日

Chateau Nicot

これもベルーナシリーズですが、
結構、うまい!

20070415191156.jpg

飲みやすさと、
深みのバランスが取れいていたから。

まー、
3本目だから
その真偽のほどは・・・

カベルネ・ソーヴィニヨン 50%
メルロー 50%



☆☆☆
ラベル:ワイン ボルドー
posted by けんけん at 22:21| Comment(0) | TrackBack(0) | ボルドーワイン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Veuve Clicquot Ponsardin

今日の一本目は、
こちらです。



辛口で、
すっきりしつつ、
しっかりとした味で、
満足高しです。

やっぱり、
スパークリングでは、
シャンパンが一番ですかね〜

☆☆☆☆

posted by けんけん at 22:10| Comment(0) | TrackBack(0) | スパークリングワイン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月14日

今日はこのワイン!

ベスト of 入門書。

とまでいえるかさておき、
いい本です。

特に
ワインは難しい!!
とか、
良くわからない!!
というかたの最初の1冊に最適です。



主だった24品種が紹介されており、
最初のページで概論。

その後、
2ページ単位で、
その品種のよくとれる地方の紹介や、
合う料理、
雰囲気を説明してくれます。

ワインのちょいカジ希望の方、
御一読を。

試飲はリアルの場で
御相談ください(笑)

Amazon → 今日はこのワイン!―24のブドウ品種を愉しむ
posted by けんけん at 22:19| Comment(0) | TrackBack(0) | ワイン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Chateau Lamothe Vncent

ボルドーです。

今日は、
食後のそのまま飲みです。

若くても、
味わい深いワインです。

20070414200034.jpg

ボルドーはいつ飲んでも、
しっくりき、
はずれがないとろこが素敵です。

☆☆☆


カベルネ・ソーヴィニヨン 60%
メルロー 60%

ラベル:ワイン ボルドー
posted by けんけん at 22:09| Comment(0) | TrackBack(0) | ボルドーワイン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月12日

希望格差社会

今頃読んでます。

面白いので、
一気に読みました。

小泉以後の格差社会の議論のスタートになった本ですね。



簡単にいいうと、
戦後これまでの日本が「成長」路線に乗り、
それを維持持続するために
作った、あるいは、結果的にできた
社会構造が、
どんどん維持できなくなってきている、
という話。

内容には
賛同するところが多い。

一方で、
ここに書かれていることが
まさに現代のことではなく、
過去の歴史の中でも、
具体的事象は違えでも
同じようなことが繰り返されていた気がする。

で、

今、何ができるのか?
何をすべきなのか?

何をするのか。

まだ、
選択する自由(その裏返しが責任だが)
があるうちに。

【コンテンツ】
1.不安定化する社会の中で
2.リスク化する日本社会―現代のリスクの特徴
3.二極化する日本社会―引き裂かれる社会
4.戦後安定社会の構造―安心社会の形成と条件
5.職業の不安定化―ニューエコノミーのもたらすもの
6.家族の不安定化―ライフコースが予測不可能となる
7.教育の不安定化―パイプラインの機能不全
8.希望の喪失―リスクからの逃走
9.いま何ができるのか、すべきなのか

Amazonn → 希望格差社会―「負け組」の絶望感が日本を引き裂く
ラベル:ビジネス書
posted by けんけん at 23:09| Comment(0) | TrackBack(1) | ビジネス書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

リクルートのDNA―起業家精神とは何か

読みました。

リクルートの強さ
人材と組織風土の生まれた理由が書かれています。

非常に読みやすく、
参考になることも多いので、
通勤時間に読むのがお勧めです。



やはり、
組織を活性化するには、
「見える範囲」のユニットにし、
責任と権限を明確にする。

そして、
投資もリターンも自分達で
責任を持って考えることが重要だと感じた。

そして、
やはり事業は「人」次第


【コンテンツ】
第1章 企業風土について
第2章 私が学んだ名起業家の一言
第3章 成功する起業家の条件
第4章 リクルート創業期
第5章 生き生きと働く風土
第6章 情報誌の領域を広げる戦略
第7章 領域の過大な拡大
第8章 早過ぎた新規事業の立ち上げ

Amazon → リクルートのDNA―起業家精神とは何か
posted by けんけん at 17:48| Comment(0) | TrackBack(0) | ビジネス書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月10日

会社の「カタチ」

ようやく、
個人別の目標設定が完了した。

顧客管理の観点では、
データベースの状態も不十分だったので、
かなり苦戦したが完成。

目標設定は、
マネジメントツールとしても非常に重要。
この成否で
業績が大きく変わるだろう。

この勢いで、
インセンティブ制度のブラッシュアップに取り組む。

先週は、
ミッション別組織形態=マネジメントラインが
整備された。

戦略の共有とブレイクダウンはこれから。

短期間で少しずつだが、
会社の「カタチ」ができつつある。

これからが楽しみだ。

最後はその「カタチ」に、
どんな「魂」を入れるかだね。


ラベル:経営
posted by けんけん at 23:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 経営ということについて考える | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

採用活動と社内整備

よく、
「社内の受け入れ体制を整えてから、
求人募集をはじめたい」
ということを聞く。

でなければ、
入社しても続かない、
あるいは、
十分な採用活動ができないということだろう。
結果、現場にも迷惑ということだろうか。

それはそれで正しいと思う。

至急速やかに、
受け入れ体制を整えるのは、
経営の重要な仕事で
悩む余地はない。

一方で、
完全な受け入れ体制が整う日はいつ来るのか?

それまでの現場への負荷はどうなのか?

負荷の結果、
その現場が預かる顧客へのサービスレベルはどうなのか?

非常に心配だ。
むしろ、逆効果かもしれない。

結局、
社内の整備と採用活動は
両方をかなりのハイスピードで
すすめるしかない


経営問題としては、
よほど余裕がない限り、
「両輪をまわす」
しかないんだろうな〜



posted by けんけん at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 採用ということについて考える | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人材ビジネス業界の動向とカラクリがよ〜くわかる本

人材ビジネスコンサルタント
(不思議な定義ですが・・)
の土岐優美さんという方の著書です。

いわゆる、
求人広告、人材派遣、人材紹介、
再就支援などについて、
全体像を解説されて本です。

一部、人事コンサルタントや、
人材教育についても触れられていますが、
基本的には、
「人が転職(就職)することにかかわる業界」=人材業界
としてフォーカスされています。

全体像をつかむには、
読みやすく、簡単な本になってます。

結構、早く読めると思うので、
興味ある方はご覧ください。



【コンテンツ】
第1章 人材ビジネス業界を俯瞰する
第2章 就業までの人材ビジネス
第3章 採用と就業後の人材ビジネス
第4章 退職後の人材ビジネス
第5章 人材ビジネスの現状分析と展望
付録 資料編

Amazon → 図解入門業界研究 最新人材ビジネス業界の動向とカラクリがよーくわかる本
posted by けんけん at 23:19| Comment(0) | TrackBack(0) | ビジネス書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月09日

ラッセルのパラドクス

読みました。




これは聞いたことがありますか?

A 「この犬は、吠える」
B 「犬は、吠える」


どちらが正しいでしょう?
(論理学的にはどちらが真か)

というものです。

ちなみに、

A 「この犬は、存在する」
B 「犬は、存在する」


だったらどうでしょう。



ラッセルは
哲学者であり、
論理学者であり、
数学家であり、
壮大な思想の中に住む方というイメージです。

それと、
大学受験の英文にいっぱい出てきた人。

Russell

とあればこの人、
バートラント・ラッセルです。

面白く読めて
言語と概念の訓練にもなるので、
お勧めです。

(でも、飲んだ帰りに読むにはちと・・・)

【コンテンツ】

第1章 ラッセル哲学の輪郭
第2章 「世界は一つではない」?
第3章 数学者を矛盾から救うには?
第4章 多重世界こそ現実だった?
第5章 階層の中にまた別の階層が?
第6章 日常言語は信頼できるのか?
第7章 知が世界につながるためには?
第8章 分析に終わりがある?
第9章 心と脳は同じものなのか?


Amazon → ラッセルのパラドクス―世界を読み換える哲学
ラベル:ラッセル 論理学
posted by けんけん at 23:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 教養・その他書籍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月08日

ドラえもん-新魔界大冒険

子どもと朝から見てきました。

ドラえもん
新魔界大冒険

2時間なので、
こどもには、ちょっと長いかな?

場所は、
みなとみらいのワーナーマイカル

最近は、事前にチケット予約ができるので、
ならばなくてもよいので、
とっても楽です。

こちらは
ドラえもんチャンネルだそうです。



ラベル:映画 ドラえもん
posted by けんけん at 23:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月07日

人材と組織のマネジメントがよーくわかる本

人材と組織につての非常にわかりやすい本です。

基本的にひとつのテーマで2Pと、
コンパクトにまとまっているので、
興味のあるところだけ読むこともできます。

著者は杉山浩一さん。

グロービス・マネジメント・スクール
人的資源管理のコースで、
杉山マネジメント開発の代表かつ、
人材コンサルタントとして活躍されている方です。

個人的には
グロービスの人的資源管理の講師として、
お世話になりました。

基本的なスタンスや
考え方が一貫しているので、
結構、なじみやすいと思います。


第1章 人材マネジメントとは
第2章 組織構造
第3章 人事システム
第4章 評価・報奨システム
第5章 能力開発とキャリア形成
第6章 組織文化・組織行動とリーダーシップ
第7章 労働組合

Amazon → 最新人材と組織のマネジメントがよ~くわかる本―日本版SOX法の内部統制に対応!
posted by けんけん at 22:09| Comment(3) | TrackBack(0) | ビジネス書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月04日

ジャパン・プレゼンテーション

元電通の杉山恒太郎さんの本です。

「広告」というものについて書かれています。

簡単に言えば、
「広告は伝わってなんぼ」
ということ。

同じ広告を扱うものとして、
参考になったことは多かったですが、
なかでも2つ。

コンテンツとコンテキストは違うということ。
うまく表現できませんが、
コンテキスト(文脈)が大事。

普段、「ストーリーが大事」だといっているのと、同じかな。

あとは、
ビジュアル・ランゲージの重要性かな。

角川oneテーマというだけあって、
1時間もかからずに読めるので、
一度、ごらんあれ。

序 章 新しいメディアの誕生とクリエイティブ
第1章 ジャパン・プレゼンテーション
第2章 アウェイで戦う
第3章 映像と音の世界へ
第4章 新しいコンテキスト(文脈)が世界を変える
第5章 コミュニケーションで自由をつかもう。
最終章 二十一世紀のコミュニケーション

Amazon → ジャパン・プレゼンテーション―世界に伝わる広告表現スキル
ラベル:広告 ビジネス
posted by けんけん at 23:26| Comment(1) | TrackBack(0) | ビジネス書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月03日

暗黒館の殺人(上下)

あー、
やっと読み終わりました。

最近、読むスピード遅れたのではなく、
ページが多すぎた。

1300Pの大作です。



綾辻さんの館シリーズは
久しぶりでしたが、
面白かった。

おっと、そうきたか
えっ、そうなの、
みたいな感じです。

少し量が多いので、
ある程度腰据えて読まないと、
混乱しますね。

Amazon → 暗黒館の殺人 (上)
posted by けんけん at 22:14| Comment(0) | TrackBack(0) | それ以外のミステリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月02日

入社式

今日はめでたく入社式。

13名の新人が
仲間に入ってくれた。

最初に歓迎の辞。

続いて、辞令!
(なぜか入社のときにもらったのは長らく残していた)
ちょっと気合いを入れて表彰状に晴れ

新人全員のコメント・・・

まだまだういういしいNEW



組織に新人が入るというのは、
既存の社員も元気になる。

自分自身の過去を思い出す上でも貴重な瞬間。

彼・彼女たちへのメッセージの中にこそ、
本当に仕事で大事にしていることが
含まれているのかもしれない。

今後が楽しみだ。

posted by けんけん at 22:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事を考える | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。