2008年02月29日

欧風居酒屋TANNE

今日は絞め会。

その後、Mgrたちと、
行ったお店がここ。

欧風居酒屋TANNE

うまいドイツビールを飲ませてくれる店。

いやー、
本当にうまい。

しばらくビール派閥から
ワイン派閥へ移っていましたが、
再び両刀使いに戻ります。

お店の雰囲気もいいし、
料理も悪くない。

今度は腰を据えて飲んでみたい。



それしても、
代々木は路地の奥に結構店があり、
そんなところに限って、
名店だったりしますね。

しばし探訪してみます。



posted by けんけん at 23:54| Comment(0) | TrackBack(0) | お食事処 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

初決算!!

祝!!

初決算。
本日、渋谷税務署&都税事務所に申告書を
持参し、提出。

ようやく決算作業が終了しましたわーい(嬉しい顔)わーい(嬉しい顔)わーい(嬉しい顔)わーい(嬉しい顔)わーい(嬉しい顔)

単純に決算を出すだけでなく、
現金主義から発生主義へ。

過去BSのクリーニング。

同時に、
新たな業務フローの運用&
システム作り。

非常にたくさんのことを実現しながらの
迎えた今日の日。

いやー本当に大変だったけど、
なんとかこぎつけられてよかったです。

これも、
数多くの外部パートナーの皆さまのおかげです。

謝謝

本当にありがとうございます。



posted by けんけん at 22:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 経営ということについて考える | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月28日

日本マクドナルド社長が送り続けた101の言葉

日本マクドナルド社長の
原田泳幸さんの本。



これは、
仕事、あるいは、ビジネスへの
取り組みスタンスを話されている感じです。

サービス業にかかわらず、
特に若い人に
(おっと、こんなコメントし出したら私もとしだ・・・)
お勧めの本です。

いろんなエッセンスが
わかりやすく書かれているので、
気軽に読んでみては!


【コンテンツ】

第1章 成果を生み出す非常識な気づき
第2章 利益の出し方は逆から考える
第3章 「成功」は「失敗」のなかにこそある
第4章 自分を高める仕事術
第5章 今日から仕事の達人になるために

posted by けんけん at 23:14| Comment(0) | TrackBack(0) | ビジネス書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月22日

「勝ち組企業」の就業規則

自社で「就業規則をちゃんとつくりましょう」という本。

と書くと語弊があるかもしれません。

就業規則は、
形だけ整えればよいものではなく、
社員とコミュニケーションするための重要なツール。

経営者として、
「やっていいこと」
「やってわるいこと」
「社内でのルールの原理原則」
を周知するツールという意味です。



完全にリスクマネジメントのためだけではなく、
従業員を守るための規定も
しっかり作成することで、
より「安心して」働ける会社になればと。

昨年の弊社実施した、
人事給与制度の改定も
テーマの一つは安心して仕事に取り組めること、
を掲げていました。

この本を読んで、
当時抜けていた視点もあり、
より良いものにするため、
また改定して、
より良くしたいと思います。

【コンテンツ】

第1章 オリジナルの就業規則がある会社、ない会社でこんなに違う
第2章 トラブルを起こさない入社・退社・転勤ルールの考え方
第3章 社風をよくして、従業員モラルを高めるルールの考え方
第4章 あなたの会社にあった所定労働時間・休日・休憩時間の決め方
第5章 優秀な社員が辞めないルール
第6章 安心して働けるルール作りこそES(従業員満足)の基本
第7章 労使の信頼を強固にする賃金規程の作り方


posted by けんけん at 21:15| Comment(0) | TrackBack(0) | ビジネス書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月20日

てんぷら深町

行ってきました。

本格的なてんぷらをいただくのは、
何年振りだろう?

というくらいご無沙汰でした。

京橋にある
てんぷら深町

今年のミシュランでも
☆なお店です。

最初はビールで乾杯したものの、
てんぷらにはほぼ
「シャブリ」
おいしかった。

最後に
かき揚げの入った
お茶漬けをいただいたのですが
(名前を忘れてしまった)
至福な時間を満喫って感じでした。

よかった。

posted by けんけん at 22:18| Comment(2) | TrackBack(0) | お食事処 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月19日

新左翼とは何だったのか

読みました。

最近は幻冬舎新書ブームです(ひとりだけ)



戦後、おもに学生を中心とした
新左翼運動の総括(新左翼的な意味ではなく)
がされている書籍です。

最近は、
十数年ぶりくらいに、
思想や政治に興味がわいてきました。

ひとつは、
さまざまな考え・主義主張の背景にあることや、
なぜその考えが生まれてきたかを知りたい。

もう一つは、
現在の日本の社会状況を鑑みながら
「昭和」ってどんな時代だったんだろう?
とふと思ったから。

前回の日本の10大新宗教を読んだのも、
同じ動機です。

しばらく、
こんなテーマの本が続くと思います(笑)



【コンテンツ】

第1章 これが新左翼のルーツだ
第2章 五五年体制下での砂川闘争と労働運動・学生運動
第3章 新左翼運動が全面開花する六〇年代高揚期
第4章 新左翼と自治会・労働組合運動
第5章 新左翼のグローバリズム―組織された暴力とプロレタリア国際主義
第6章 なぜ内ゲバになったのか
ラベル:
posted by けんけん at 22:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 教養・その他書籍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月17日

第3回D1カップ

今日はめでたく、
第3回D1カップ

場所はエンゼルカントリークラブ

富津館山道のおかげで、
なんと横浜の自宅から
1時間で到着。

家を出るころは、−1.5℃
しかも到着時はー2.5℃と、

かなり滅入ってたところ、
比較的風も穏やかで、
日差しが暖かく、
快適なゴルフでした。

そして優勝者はN田君。

かなり練習に励み、
お昼のビールを抜いただけあります(笑)

あと、
念願の女性メンバーも参画!

やはり
おっさんばかりよりは花があってよいですね。

次回からも
どんどん参加者を増やしていきたいです。

OB・OG、近隣の方。

お待ちしています。





ラベル:ゴルフ
posted by けんけん at 22:23| Comment(0) | TrackBack(0) | ゴルフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月13日

もっとすごい!!『このミステリーがすごい!』

創刊20年を記念した、
総集編です。

あらためて、
20年の総ランキングがで決定されています。

国内編は結構読んでますね。
やはり。



そして、
毎年の作家のインタビューが出ています。
時代を感じさせ
楽しいですね。

一方、外国編は
まず、読んでないですね。

でも、1、2,3位などは
すべて映画で見ています。

意外な感じです。

ラベル:ミステリー
posted by けんけん at 23:41| Comment(0) | TrackBack(0) | それ以外のミステリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月08日

コーチング説明会!?

今日の新卒学生向けセミナーは

超贅沢三昧!!
(あくまで自称)


ということで、
その内容は、

自分を見つめる時間を作りつつ、
コーチングの個人セッションも受講でき、
経営者に直接話ができ、
就活の相談がカウンセラーに聞ける!

という4大特典
(ちなみに、後者2つは「私と話す」ことを
大げさに言ってみましたわーい(嬉しい顔)

特に目玉のコーチング部分は、
今回の1回限り!!

参加した方は
本当に恵まれてますね(笑)


コーチには、
林忠之コーチが務めてくださいました(謝)。

林コーチはR社時代の同僚で、
10年来の付き合いです。

人間的に非常に素晴らしい方なので、
コーチングに興味のある方は、
お勧めです。

特に営業マン経験があるので、
同職種の方は
共感できることが多いと思います。

ちなみに、
今日の参加者が14名。

開始が19:00だったため、
終了時間が22:00となりました。

みなさん、ごめんね・・・


そして、林さん
遅くまでありがとうございました(ペコリ)


また、
面白いセミナー企画するので、
参加してくださいね。

こんなセミナー希望というアイデアも
募集中です!!






posted by けんけん at 23:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 採用ということについて考える | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月06日

「働く」理由って

今年の自社の説明会は、
「働く理由」と「仕事選びの基準」を
それぞれに書いていただいています。

  ※毎回、常に違う「生きた説明会」を心がけているので、
  しばらくするとテーマは変わると思います。

そして、
その内容をきっかけにいろいろ話しをしています。

参加者の中には、
「そんなの考えつくしたよ〜」という方も、
「あまり考え得たことはなかった〜」という方も、
いろいろいらっしゃると思います。

個人的には、
非常に貴重な時間だなと思ってます。

毎回、皆さんの
働く目的(理由)が聞ける。

これは何を隠そう、
皆さんが「働きたい!」という
動機と直結している。

つまり、
「動機=モチベーション」を
皆さんに話していただいているんですね。

だから、
とても楽しいんです。
(一人だけ楽しんでるだったらごめんなさい)

だから、
その目的に照らして選んだ仕事は、
本来「楽しい」ものだし、
全員が「楽しめる」仕事ができればいいなと、
思ってます。

でも、このテーマ
本当はもっと時間を取って
一人ひとりと話さなきゃいけないテーマだと思うんですね。

これから面接などにすすんでくださる方は、
そんな話もしましょうね!!



おっと、
最近社内のメンバーとも
このテーマは話してないですね。

先着3名まで夕食付で話しましょう(笑)

posted by けんけん at 19:28| Comment(4) | TrackBack(0) | 採用ということについて考える | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月01日

謎002

出ました。
002

前回は、東野圭吾さんの編で、
今回は宮部みゆきさん。



1971年、1981年、1991年の短編を
チョイスしてます。

収録作品を紹介すると、

 男一匹(生島治郎)
 企業特訓殺人事件(森村誠一)
 闇の中の子供(小松左京)
 暗い窓(佐野洋)
 首くくりの木(都筑道夫)
 歩道橋の男(原りょう)
 酷い天罰(夏樹静子)

の7作品。

結構引き締まった作品が多いです。

小松左京さんの「闇の中の子供」など、
ミステリーとSFの境界のようで、
非常に味のある作品です。



posted by けんけん at 22:14| Comment(0) | TrackBack(2) | それ以外のミステリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。