2008年04月29日

天青

久いしぶりに食べてきました。

天青

和食の創作料理です。

たとえば、
2008042919220001.jpg

こんな料理です。

とか、

2008042919220000.jpg

です。

雰囲気は
囲炉裏ありのモダン系純和風

2008042920060000.jpg

価格もリーズナブルで、
とても美味しいです。

そして、
個人的な魅力は・・・・

湘南ビール
(こちらがお目当て!)
特に
ヴァイツェンボックがうまい!

場所が茅ヶ崎なので、
会社帰りには難しいが、
超お勧めのお店です。






ラベル:ビール 熊沢 湘南
posted by けんけん at 22:09| Comment(0) | TrackBack(0) | お食事処 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月28日

第4回 D1カップ

今日は第4回 D1カップの開催です。

場所は
太平洋クラブ市原コースです。

ここは、
本当にメンテナンスが行きとどいており、
非常に素晴らしいです。

そして、
コンディションが良いということは、
グリーンが速く、
難しいということがく〜(落胆した顔)
腕の見せどころです。

今回の優勝は、
同NETで、2名。
前回に続き連覇のN田君と、
紅一点、I奈さんです。
     ↑上手だよ〜

そろそろ会社にも新人が増えてきたので、
次回からは、どんどんデビューしてほしいです。








posted by けんけん at 23:04| Comment(0) | TrackBack(0) | ゴルフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月27日

3年で辞めた若者はどこへいったのか

「若者はなぜ3年で辞めるのか」の続編です。

著者は城繁幸さんです。



前作で辞めていった若者が何をしているか
年功序列に代表されるような
「昭和的価値観」に支配されずに、
何をしているのかを描いている。

内容としては、
過去とのパラダイム変化が分かりやすく面白い。

ちなみに、
読んでいて疑問に思ったこと。

ここに出て来る人たちは、
自分なりのチャレンジをし、
成功してきた人たちだろう。

そういう意味では、
仮に昭和的価値観の中でも成功を収めることが
できた人たちではないかと。

そして、彼らは
3年で辞めた若者の中での少数派のように思う。

辞めた若者の大多数は
どこへ行ったのか?

今も昔も
程度の差こそあれ、
早期退職は結構な比率で存在する。

そこに必然性があったのか。

結局のところ、
構造的転換はあまりできていないのではないか。

自分自身が、
自分の会社がどうなのか?。

改めて考えてみた。

少なくとも、
個人の価値観と組織の価値観を
それぞれが自由に発露できることが重要だなと。





posted by けんけん at 22:42| Comment(0) | TrackBack(2) | ビジネス書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月25日

バカ親、バカ教師にもほどがある

今週も読書強化週間(笑)

元リクルート社での藤原和博さんの著作。

最近は、
杉並区の公立高校の教室を開放し、
「夜スペ」という、
塾(SAPIX)と提携した講義を開催し、
物議を醸している方です(笑)



「自分の気持ち大事主義」
というフレーズがとてもわかりやすい。

これでひとまとめにするのは問題あるものの、
最近の学生や
若手社員とコミュニケーションする上で、
参考になる観点だと思った。

特に4月は
多くの会社で新卒社員が入社すること。
意外と目からウロコかもしれませんね。


【コンテンツ】
第1章 バカ親の壁
 バカ親、登場
 バカ親、ゴネる
 バカ親、こだわる
第2章 バカ教師の壁
第3章 親と子の壁
posted by けんけん at 20:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 教養・その他書籍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月23日

なぜ、エグゼクティブは書けないペンを捨てないのか?

なぜエグゼクテョブはゴルフをするのか、の第2弾です。

また、小話(といってよいのだろうか)風に、
エッセンスをまとめられてあります。



余談ですが、
会議室のマーカーや
筆縦のペンの中に
書けないものが混ざっていると、
結構、イライラします。

そして
それを捨てずに戻してしまう人を見ると、
さらにイライラします。

なので、机の上には
例の100色ペンがあるのです(笑)

そんな自分だったので、
タイトルにはまってしまいました。


【コンテンツ】

第1部 仕事と人生に報酬をもたらす8つの物語
第2部 自分を、人生を変える2つの誓い
第3部 実践編 本書を読んで最初にやるべきこと
ラベル:ビジネス書
posted by けんけん at 21:34| Comment(0) | TrackBack(1) | ビジネス書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月19日

頂点のサービスへようこそ(リッツ・カールトンVSペニンシュラ)

第4弾はこちらです。

セオリーシリーズは
かしこまらずにサッと読めるのが
一番の魅力ですね(笑)




さて、内容的には、
東京のホテル事情と、
両ホテルのサービスを生み出す、
組織分化なども書かれているので、
非常に参考になりました。

結局、多くの職種が、
顧客に対するサービス業である以上、
やってやりすぎることはないと感じた。

それにしても、
リッツのサービス精神については、
伝説となるくらい、すごい

まだ、宿泊未体験なので、
なんとか泊ってみたいホテル

【コンテンツ】

序章 ホテルに学ぶ「伝説」のサービス
第1章 東京ホテル戦争頂上決戦―新・富裕層を狙え
第2章 リッツ・カールトンの神秘
第3章 リッツ・カールトンの進化
第4章 ペニンシュラの伝統
第5章 ペニンシュラの文化
第6章 ホテル「頂上決戦」の舞台裏
終章 理想のサービスをめざして
posted by けんけん at 22:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 教養・その他書籍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月18日

人を見る目がない人

そして、第3弾。

こちらは面接などのテクニックよりは
心理学的なアプローチを中心に書かれています。



実際の実例も多く書かれているので
けっこう「へー」って感じです。

あと、
よく陥りがちな偏見(思いこみ)
なども指摘されているので、
多くの方に参考になると思います。

【コンテンツ】

第1章 人は、なぜ人を見誤るのか
第2章 こうして人は騙される
第3章 さらば間違いだらけの「人選び」

posted by けんけん at 23:32| Comment(0) | TrackBack(0) | ビジネス書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月17日

「やめさせない!」採用

今週第2弾は、
この「やめさせない!採用」です。

人材アウトソーサーのT社の樋口弘和社長の著作です。



結局何が書かれているかというと、
「きっちりと正しく採用活動しましょう!」
ってことです。

とりたてて目新しいことが書いているわけではないですが、
非常に読みやすいのでお勧めです。

人材ビジネスにデビューするには
ちょうどいい本かもしれません。

【コンテンツ】

プロローグ 「新卒採用、若者定着」の落とし穴
第1章 人材を見抜く技術
第2章 人材を口説く(採用から内定期)
第3章 人をかまうノウハウ(入社1年目から3年目)
第4章 人事制度の目的は人材への長期投資
第5章 人事部からコミュニケーション支援部へ
第6章 新卒好循環を作る

posted by けんけん at 22:41| Comment(0) | TrackBack(0) | ビジネス書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月15日

高級住宅街の真実

今週はなんだか、
セオリーシリーズにはまってます。

以前からこのシリーズが好きで、
ちょうど興味をそそられるテーマを
上手にまとめています。

今回第一弾は、
「高級住宅街の真実」です。



といっても、
おおげざな秘密が暴露されているわけではない。

新旧の高級住宅街と呼ばれるところの紹介と、
丁目ごとの世帯所得1500万円以上の世帯数が出てます。

それを知ったところで、
といわれてしまえば身も蓋もありません(笑)


posted by けんけん at 23:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 教養・その他書籍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月12日

不都合な真実

ご存知、
アメリカ前副大統領 アル・ゴア氏

彼が地球温暖化について、
各地で講演した内容の
ドキュメンタリーです。

温暖化のことは、
概論で知っているだけで、
「わかった気になっていた」というのが
終わった後の感想。



温暖化してるか否かの議論や、
取り組み内容の是非、
Cあるいは、
o2排出権ビジネス
などなど

まずは
「限りなく深く理解したい」
そして、
それに向き合う自分の態度を明確にしたい!

という気持になりました。

早急に研究せねば。



ちなみに、
今回はハリケーンや
氷河の崩れる映像などがたくさんありました。
また、データの変化も
動的に見れました。

動画というものの
威力を感じたところです。

広告を扱いながら
動画は情報量が違う!
などと思っていたこともありましたが、

そうではなく、
働きかける対象と、
メッセージ性が明確なんだと感じましたパンチ








posted by けんけん at 22:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月11日

脳を活かす勉強法

茂木健一郎さんの著作です。

「勉強法」と書かれていますが、
テクニカルな本ではないです。

終始一貫して
脳に快感を与える話です。
(誤解を生む???ドコモポイント



基本的には、
現在ではまだできないことを
トライしながら
成功できた時に
「やった!」という感覚が、
非常に気持ち良く、
その快感を感じるために、
またトライする、
といったところでしょうか?

それにしても
茂木さんの本はとても
ポジティブ波動が強く、
元気になりますね(笑)




【コンテンツ】

第1講 脳は「ドーパミン」と「強化学習」が好き
第2講 「タイムプレッシャー」が脳の持続力を鍛える
第3講 「瞬間集中法」で勉強を習慣化させる
第4講 茂木健一郎流「記憶術」
第5講 茂木健一郎の「読書のススメ」
第6講 脳のコンディションを把握しよう
第7講 自分を変える「一回性」に巡り会うには
第8講 偶有性がさらなる脳の発達を促す
posted by けんけん at 22:24| Comment(0) | TrackBack(0) | ビジネス書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月10日

暗い奴は暗く生きろ

リクルート元常務
生嶋誠士郎さんの著作です。

ちょうど、
生嶋さんとお話しする機会が
(囲む会かもしれませんが(笑))
ありましたので、
さっそく読んでみました。



御本人にお会いしてから
読んだので、
そのまま文字になっている〜
という感じで楽しかったです。

わりと、
言葉は厳しめですが、
その裏に愛情が隠れているような方です。

特に若いビジネスマンが
思い悩んだ時に、
気づきのある言葉が
結構ちりばめられているので、
よかったです。



posted by けんけん at 22:18| Comment(0) | TrackBack(0) | ビジネス書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月08日

「新しい優位」の論点(HBR200805)

今号は、
2008年のパワーコンセプト20+1と
低炭素社会への挑戦が2大特集です。

コンセプト20では、
これからのトレンド、
というか、
社会変化の流れを予測するヒントになるものが
書かれているので、
興味のあるところをつまみ食い状態です。

「ジェネレーションYの仕事観」や
→簡単にいえば、労働は時間で測るものでなく、
 成果で測るもの。
 出社や会議出席なども強制されるものではない。
 というような仕事観。

「正直者が不正を働く理由」などが面白かったです。
→人は簡単に不正を働くが、大きな不正はあまりしない。

などなど2ページ単位で
コンパクトに話しがされています。




posted by けんけん at 22:10| Comment(0) | TrackBack(0) | ビジネス書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

こんなんでましたけど(古っ!)

こんなんでましたけどー

って何年前ですかね。
すごい懐かしいです。

で、何が出たかというと、

社員のナマ声インタビュー


千駄ヶ谷にある会社のインタビュー配信ブログ


シナリオも、
準備もなく、
そのまま生録なので、
結構楽しめます!


posted by けんけん at 11:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 求人(現在の自社募集) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月05日

出社土曜日はお花見!!

今日は3ヶ月に1回の出社土曜日。

目的は、
日常の仕事から一歩離れて、
自分を見つめること。

今回は、
年度始まりということもあり、
目標と戦略検討の時間に。

そして、
夕方から代々木公園でお花見。

新人たちが
精神的にも疲れる最初の一週なのに、
先輩たちのために出し物を準備。

歓迎会のお礼ということで。
(お疲れさんでした。)

2008040517260000.jpg

ゲームあり、クイズあり、
なぜか部長一気あり?
(弊社はMgrがなぜか一気する社風(笑))
かなり楽しめました。

今年から
風物詩?を意識した会社運営をしていますが、
本当に楽しい会社になりつつあると思います。

ふふふ。



posted by けんけん at 21:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月04日

ドラマで泣いて、人生充実するのか、おまえ。

きつかわゆきおさんの著作です。

メッセージせいがシンプルでいて、
深くて、
そして本質。

そんな詩集(?)です。



特に若くて、
「志」のあるビジネスマンにお勧めです。

就活中の学生にもいいかも。

こういう言葉を浴びながら
自分自身と対峙したら
気持ちいいよ。

「深呼吸」というのがよくわかります。



posted by けんけん at 23:39| Comment(6) | TrackBack(0) | 教養・その他書籍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。