2008年08月30日

ようやくお手入れ

ここんとこ忙しく、
かなり放置してました。

はっきり言って、
雑草天国。

2008083016250000.jpg

こんな感じです。

いつもなら、

春 チューリップ
夏 ヒマワリ
秋 いろいろ
冬 ビオラ

とほぼサイクルしているのに、
昨年のビオラでストップでした。

ということで、
コスモス、日々草中心に
きれいにしました。

2008083114300000.jpg

ひと安心。
posted by けんけん at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | ガーデニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月28日

日本警察裏のウラと深い闇

読みました。

勝手に、政治とかも含めた
権力闘争ものかと思い・・・

まったく違いました(笑)



中身は下記のコンテンツを見てもらえばよいのですが、
取り調べや逮捕の話など
「おいおい、ここは法治国家ですけど」と
突っ込みたくなることも多いです。

ただ、そんなことよりは、
取り調べで感じたこと。

「落とし」のプロは
営業マンとしてのレベルも高い(笑)

確かに、
「絶対自白するものか、
なに聞かれても話しません」
という人から
話しをさせるところまで持っていくくらいだから
結構、ハードなやりとり。

書かれている
「あの手、この手」を聞くと、
まさしく、営業研修で出てきそうな
内容がいっぱい。

笑えます。


【コンテンツ】

第1章 死闘!警察vs.ヤクザ
第2章 戦慄!闇の事件簿
第3章 仰天!刑事の仕事の裏のウラ
第4章 衝撃!日本警察の舞台裏
第5章 驚愕!不思議な不思議な警察組織
posted by けんけん at 22:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 教養・その他書籍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月26日

70円で飛行機に乗る方法

マイルを使わずとも超格安で旅行はできる

という副題がついていいる以上、
陸マイラーとしては読まずにいられません(笑)



ということで、
一気に読破。

内容としては
現在の航空会社の流れや
LCCのトレンド。
あるいは、
日本の空港事情の課題など、

最近話題のテーマが
ひととおり書かれています。

日本でも
もっと規制が撤廃され、
空港やLCCが発達し、
「ちょっと上海にでも蟹食いに行くか」
と気軽に行ける社会が来ればいいなと、
つくづく思いましたレストラン


【コンテンツ】

第1章 いま、空の旅はここまで安くなった!
第2章 航空業界が取り組むエコと最先端技術
第3章 問題だらけ!?日本の航空事情
第4章 空を知れば世界がもっと近くなる!



posted by けんけん at 21:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 教養・その他書籍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月25日

「普通の人」が上場企業をつくる40のヒント

ネクストの社長、井上高志さんの本です。

というよりは、
「もとリク」の方の本です、といった方がいいかもしれません。



読んでいると、
人生のスイッチをonにしようというだけあって、
非常にポジティブな内容です。

話しもわかりやすいでの
一気に読めます。

共感できる話も多く・・・
と感じながら気づいたこと。

多くのもとリクの方の書籍も、
なんだか似たようなことが書いていると
いつも感じます。

そしてそれは特別なことじゃなくて
「普通のことじゃん」
と思うことばかりです。

そして、
実はこれが社風なのかと。

つまり、
普通に感じるということは、
価値基準や大事なことが
ちゃんと共有され、
実践されている


こういう根底の部分が
強みを生み出して来たんだろうな。









posted by けんけん at 23:38| Comment(0) | TrackBack(0) | ビジネス書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月24日

魔神の遊戯

久しぶりにミステリー読みました。



そして、島田荘司氏は、
いつもバラバラ殺人(笑)

良くできています。

本格系のミステリーは
導入段階から少しずつ情報が広がり拡散し、
解決に向かって収斂していく流れが
なんともいえず気持ちいい。

となると、
ストーリー展開だけでなく、
知識レベルや、
心理状況も広がりがないと、
楽しみも半減。

結構ミステリー書くのは
難しい。

ちなみに、この作品は
「本格ミステリ・マスターズ」

読むのは3作目ですが、
結構粒ぞろいなので、
お勧めです。





posted by けんけん at 07:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 島田荘司 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月20日

合併人事

江上剛氏の新作?です。

あまりに幻冬舎の宣伝が上手なのではまりました(笑)
(ちなみに、幻冬舎さんは弊社から1分のご近所さんです)



話しは結構単純で、
一気に読める話です。

期待値が大きかったために、
(それは自己責任・・・)
少し期待外れでしたが、

組織での出世欲とか
権力闘争のようなものを読んで、
やはり、
有らぬことにパワーを割くんだと実感。

違う世界に生きることを選んで、
本当によかった(笑)



posted by けんけん at 22:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 教養・その他書籍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月18日

Chateau de la Croix 2000

本日のワインはこちら。

2000年ものボルドーです。

2008081805190001.jpg

なかなか安定していてうまい。

ちなみに、
最近、暑さも加わり、
ビール派閥でしたが(笑)

健康診断でコレステロールが
やや高い!

とのことなので、
またワイン派閥に戻ろうかと思います。

ポリフェノールの力(笑)

☆☆☆☆


posted by けんけん at 05:28| Comment(0) | TrackBack(0) | ボルドーワイン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月11日

Ford EXPEDITION

今回は、

フォード車の
EXPEDITIONをレンタルしました。

デカイ車の体験ということで、
乗ってみましたが、


やはり、デカイ。
こりゃ日本じゃ無理だわ
って感じです。

2008081507510000.jpg

運転もやや大周り。
アメリカの大きさを実感(笑)

といいつつ、ご機嫌にドライブ。
きれな景色。


2008081507400000.jpg


2008081507420000.jpg


こんな感じ。


2008081507380000.jpg


関係ないけど、
フランダンス(笑)

2008081507360000.jpg



ラベル: フォード 旅行
posted by けんけん at 23:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月09日

グランド ハイアット カウアイ リゾート アンド スパ

今年の夏は、
カウアイ島でプールづくし。

泊まったのは、
グランドハイアットカウアイ リゾートアンドスパ


こんな入口です。


2008081303580000.jpg


そして、
プールがすごい!

こちらが、通常のプール。

2008081305260000.jpg

2008081305270001.jpg


こちらは、なんと人工のビーチプール。
体にまとわりつきにくい砂を使用だって!

2008081305270000.jpg


2008081305120000.jpg


2008081305090000.jpg


きれいな海!


2008081305100000.jpg


これは室内。

2008081507430000.jpg


レストラン。

2008081303560000.jpg



本当にゆっくりできる旅。

また、行きたい。

この「行きたい」という「欲」もそうだが、
その「欲」が仕事の原動力となる面もある。

どんな内容の「欲」であれ、
なけれは自分自身の向上が
無い気がする。

ふと、そんなことを考えた。

posted by けんけん at 22:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月06日

チンギスハーン

中国古代史ブーム(マイ)
ということで、

チンギスハーン読みました。



どうも、
中国では王や皇帝になると、
猜疑心が強くなるように描かれる。


そして、
気軽な同盟と裏切り。


結局、
「お互いに騙された方が悪い」
というスタンス。

恐るべし。


ラベル:三国志 横山光輝
posted by けんけん at 21:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 教養・その他書籍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月05日

現代の貧困

こちらも
ワーキングプア関連の本です。



一連の書籍を読むにつけ、
ほんの一部の人の問題だと思っていたのが、
どんどん広がっている気がする。

単純な「格差」ではなく、
「貧困」である、
という概念を実感してきた。


【コンテンツ】
1章 格差論から貧困論へ
2章 貧困の境界
3章 現代日本の「貧困の経験」
4章 ホームレスと社会的排除
5章 不利な人々
6章 貧困は貧困だけで終わらない
7章 どうしたらよいか

posted by けんけん at 21:19| Comment(0) | TrackBack(0) | ビジネス書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月03日

銀河高原ビール

最近お気に入り。

銀河高原ビール




普段はこちらです。
缶のため、やや保存がききます。




こちらはビンタイプ。
賞味期限が早いため、
直前にしか買えない分、
さらにおいしいです。

やはり酵母の力か(笑)

posted by けんけん at 15:27| Comment(0) | TrackBack(0) | その他のお酒 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

営業マンとしての基本スタンス

これまた最近感じていること。


日々、「お客様の役に立ちたい」という。
とてもいいこと。

でも、
失敗して傷つきたくない。

営業は悪い人で、
自分はいい人でいたい。

これではそもそも
「役に立つ時がやってこない」

なぜなら、
そんな人には心配で
「仕事は頼みたくないから」

特に新人に仕事を頼む価値は、
失敗を恐れず、
新しい提案をポジティブにしてほしいから。
その熱意にかけて。

そんな中で
ローキャリアの営業に向けて送った
メールの一部です。


1.パソコン見るなら、顧客の顔をみろ!

2.企画書書くより、恥をかけ!

3.提案するより、相談にのれ!

4.業界知識よりも、顧客の気持ちを知れ!

5.後で調べるより、その場で確認しろ!

極端かも知れないけど、
今、一番求められているようなことの気がします。


posted by けんけん at 15:12| Comment(2) | TrackBack(0) | 営業ということについて考える | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

企画書の功罪

最近、
一言で話せることも「企画書」を
各営業が増えてきたと感じます。

「企画書」といったって、
「商品説明+見積」がすべてなのに(涙)

ということで、
「企画書の意味」について書こうと思いまししたが、
きっと昔書いたなと思ってブログ検索。

やはり書いてます。

ということで、
↓にトラバしときます。

結局、
「企画書を書く力」と「企画書を提出するか」は別。

必ず書いた方がいいこともあれば、
書かなくてもいい時もいくらでもある。


入社3年目の頃、
「企画書の厚さ」は
「顧客との距離感に比例する」
と言われたことを思い出した。




posted by けんけん at 14:29| Comment(2) | TrackBack(1) | 仕事を考える | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。