2008年08月06日

チンギスハーン

中国古代史ブーム(マイ)
ということで、

チンギスハーン読みました。



どうも、
中国では王や皇帝になると、
猜疑心が強くなるように描かれる。


そして、
気軽な同盟と裏切り。


結局、
「お互いに騙された方が悪い」
というスタンス。

恐るべし。


ラベル:三国志 横山光輝
posted by けんけん at 21:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 教養・その他書籍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。