2007年06月20日

モネ展

MONET展。
行ってきました。

クロード・モネ

印象派の画家です。

ちゃんと見るのは初めてです。

すごかった。

あの描き方で、
写真のように見えるなんて。

しかも、
近くで見るのと離れてみるのでも
大違い。

どれほど活字でしってても、
この感覚は実物を見ないとわかならいなぁ。

各美術館から
作品が集められており、
かなり充実した内容になっていたと思います。

うーん。
奥深い。

ちょっと気になることが、

特に後半の睡蓮の作品群は、
モネにはどのように見えたのか?

私たちと同じようみえて、
それでいてあのような表現か
それとも、そもそも違って見えてるのか。

なぞは深まるばかりです。

posted by けんけん at 21:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。