2008年04月12日

不都合な真実

ご存知、
アメリカ前副大統領 アル・ゴア氏

彼が地球温暖化について、
各地で講演した内容の
ドキュメンタリーです。

温暖化のことは、
概論で知っているだけで、
「わかった気になっていた」というのが
終わった後の感想。



温暖化してるか否かの議論や、
取り組み内容の是非、
Cあるいは、
o2排出権ビジネス
などなど

まずは
「限りなく深く理解したい」
そして、
それに向き合う自分の態度を明確にしたい!

という気持になりました。

早急に研究せねば。



ちなみに、
今回はハリケーンや
氷河の崩れる映像などがたくさんありました。
また、データの変化も
動的に見れました。

動画というものの
威力を感じたところです。

広告を扱いながら
動画は情報量が違う!
などと思っていたこともありましたが、

そうではなく、
働きかける対象と、
メッセージ性が明確なんだと感じましたパンチ








posted by けんけん at 22:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月14日

県庁の星

見ました。

結構笑えます。
非常にありがちな?
サラリーマン社会と官庁を表わしていて。




ラベル:DVD 映画
posted by けんけん at 23:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月03日

モダン・タイムス

チャップリンの映画です。

最近は、
著作権が切れたものは500円で購入できるんですね。
びっくりです(笑)

基本的には、
工業化される社会と、
大恐慌を含めた風刺的な作品です。

なかでも、笑えたのは(笑えない?)のは
工場で働くシーン。

それから
なるべく休みなく労働者を働かせるために、
「自動的に昼食を食べさせる機械!!」
の導入のところです。

工場のベルトコンベアのスピードは一定だし、
資本家(経営者)の要望では
すぐにスピードアップ。

本当に
業務、あるいは、与えられた物に、
「個人を合わせ」て動く。

限りなく、
標準化をし、
それに個人をあてはめ
「うまくこなした」人が偉い。

という世界観。

ある意味、
「現在」のホワイトカラーに共通することも多い。

むしろ、
本来はクリエイティブな仕事でも、
同じようなことが求められている気がする。

そんな意味で、
新鮮で面白かった(笑えないけどね)映画でした。




posted by けんけん at 23:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月08日

ドラえもん-新魔界大冒険

子どもと朝から見てきました。

ドラえもん
新魔界大冒険

2時間なので、
こどもには、ちょっと長いかな?

場所は、
みなとみらいのワーナーマイカル

最近は、事前にチケット予約ができるので、
ならばなくてもよいので、
とっても楽です。

こちらは
ドラえもんチャンネルだそうです。



ラベル:映画 ドラえもん
posted by けんけん at 23:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月31日

陽気なギャングが地球を回す

伊坂幸太郎原作の映画です。




2004年のこのミス6位です。

原作同様アップテンポな感じで、
気楽に見れるのですが・・・

ちょっとやりすぎですがく〜(落胆した顔)

好みは分かれますねー

ラベル:映画 ミステリー
posted by けんけん at 23:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

パイレーツ・オブ・カリビアン デッドマンズ・チェスト

ジョニー・デップ主演映画。



第1作に続き、
結構笑えます。

ハラハラドキドキがありつつも、
心のそこからはドキドキしないのがミソ。

第3作に続くような終わり方なのが、
少し残念です。

でも、よかったですよ。


ラベル:映画
posted by けんけん at 23:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

フライトプラン

久しく、映画を見ていなかったので、
この冬休みにまとめ見映画

まずは、ジョディ・フォスター主演のこの映画。



飛行機に乗り込み、
寝た隙に娘がいなくなり・・・

90分程度の短い時間で、
テンポ良く展開され、
結構楽しめました。

いろいろあれこれ想像させるところが
よいですね。

それにしても、
大事な子どもは目を離さないように(笑)
ラベル:映画
posted by けんけん at 23:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。